ブログ

店長ブログはこちら

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ONE
  4. ONEボードゲーム記録 9(2019/4/30)

ONEボードゲーム記録 9(2019/4/30)

皆さまこんにちは。

いつもありがとうございます!

フリーボードゲームカフェONE店長の左近(さこん)です。

ONEボードゲーム記録第9回は『おばけキャッチ』です!

パターン認識・反射神経ゲーム。

「西洋のカルタ」とも言われてます。

5種類の色と形があり、めくったカードに色と形が一致していればその駒を取り、一致していなければ「そのカードに表現されてない駒を取る」というゲーム。

私さこんは相変わらず苦手なゲームなのですが。。(店長とはいったい。。笑)

当店のオーナー兼メンバーのしんちゃん曰く攻略法はカード枚数のカウンティングと「あたりをつけておく」こと。

例えば、「ビンだけは絶対取るぞ!」のような感じで。(実はビンを表現しているカードが1番多いので確率論的にも理にかなってます。)

そして大事なのはあたりをつけたカード(駒)を狙うのは当然ながら、同時に「あたりをつけてない駒を狙うこと」です。

なんだか当たり前のことを言ってるように感じますが、これがとても大事!

つまり、「1駒とそれ以外(4駒)を狙う!」のです。

5駒全体をざっくり狙うのではなく、「狙った駒は取り、それ以外が出た時は4駒の中から狙う」ことが重要です。

相手は5つから探して、こちらは4つから探しているので結果的に取れる総量は上がる!!

なるほど。。よくわからんですね。笑

理論は分かっても実践できるかどうかは別です!(≧▽≦)

「かるた」と言えば連想されるのは漫画『ちはやふる』。

映画化もされましたね!

登場人物の新君の地元福井県は私さこんの地元でもあります。

漫画途中で出てくる芦原温泉駅は高校生の時毎日通いました!

方言・なまりも凄く良くわかります!!

それは置いといて。笑

ちはやふるで出てくるかるたクイーンのしのぶちゃんが自主練習で「決まり字読み上げ」をやっています。

かるたは下の句が書いてある札を上の句が詠まれた時に相手より早く取る競技です。

そのため上級者になるとかるた自体には下の句の「からくれなゐに」しか書いてなくても「ちはやふる」に見えてくる、らしいです!

なぜこの話を出したかというと、『おばけキャッチ』でも同様の現象が起こるのではないか、ということです!!

つまり写真の真ん中(見辛くてすいません。)にある「青いネズミが緑のソファに座ってるカード」で取るのは「白いオバケ」なのですが。

カード自体が白いオバケに見えるようになったら最強!ということです。

この感覚伝わりますかね?笑

また、

4/30は平成最後!

5/1は令和最初!

25:00まで営業している当店では、平成最後のカタンからの〜令和最初のカタンが繰り広げられました!笑

令和の瞬間はなぜかハイタッチ(^-^)/

謎のテンションでしたがお店が盛り上がるのは嬉しいです!

————

ボードゲームカフェONE(ボドゲ荘 ONE)

豊島区西池袋1-41-8 6F

店長 左近(さこん)

十佐近将典(じゅうさこんまさのり)

sakonteamceo@gmail.com

●インスタ(ONE公式)

https://www.instagram.com/boardgame_one/

●ツイッター(左近てんちょー@ボドゲプロ)

関連記事